森林に覆われた丸太の山

​私たちの仕事

​​山林管理

山林は人間と同じく生きてます。定期的に間伐や下刈り、枝打ち等の手入れを入れることで立木の質が向上します。最近は人口減少や山林所有者さまの高齢化や後継ぎの問題で放置山林が増加しており、強風などで倒木の山林を見かけるようになりました。また農作物を荒らす害獣の住みやすい環境となるケースも増えて近隣農家さまへの影響も心配です。私たちは後継者さまへの資産としてご先代様が一生懸命働いて手入れた大切な山林の維持管理で適切なご提案を行い専門業者の紹介、補助金申請サポート、境界杭の復元、生産量確保のご提案をさせていただいております。

Tranquil forest
 

​盗伐調査

Excavator moving logs in forest

山林を所有して心配なのは盗伐問題です。宮崎県では容疑者が逮捕されるケースもあり、盗伐はやや減少してるとはいえ被害は後を絶ちません。盗伐の手口は所有者さまが遠方にお住いの山林が特に狙われやすくなり、目の行き届かない奥地の山林だけではなく通りに面した場所の杉やヒノキを大胆に盗まれたケースもあります。盗伐は目立たないように皆伐しないで部分的に盗みます。遠方または県外にお住まいの所有者様や自ら山林を確認できない事情の所有者様のお力になれるよう、調査をお受けしております。調査費用に関しては山林の面積、地形、所在地によって変動がございますのでお気軽にご相談ください。(調査費用の目安)例、西諸県地域の山林で約5反の調査費用3万円~

 
Spring Forest

​​立木買取(杉、ヒノキ)、山林売買

​スギやヒノキは樹齢40~50年が伐期を迎えると言われ、人間に例えると健康的な年代となります。売却ご希望のお客様の立木を適正価格で買い取らせていただいております。また成長期を迎えてない状態の立木も買取可能です。里親として大きくなるまで大切に育てさせていただきます。山林(地山ごと)のご売却もご相談に応じます。ご希望があれば現地無料査定に出向させていただきますのでお気軽にご相談下さい。